矯正

外科的矯正治療

顎の形がゆがんでいたり、上下の顎の大きさに極端な差がある場合(顎変形症といいます)、歯並びの矯正治療だけではなく、外科的矯正治療が必要となります。
手術はお口の中から行いますので、外科矯正を行っても傷口はほとんどわかりません。
治療費は矯正治療と外科手術のいずれにも健康保険が適応されます。

下顎前突症の手術
下顎枝矢状分割術(setback)

下顎の骨が大きく、下顎前突になっている場合、下顎の後ろの部分で骨を一旦切り離し、下顎を後方へ移動させ固定します。

極端な下顎前突症の手術
ルフォーⅠ型+下顎枝矢状分割術

下顎の骨が大きいことに加え、上顎の骨が小さい場合や下顎の骨が極端に大きく、極度の下顎前突になっている場合、下顎の後ろの部分で骨を一旦切り離し、下顎を後方へ移動させる手術に加え、上顎の骨を前方へ移動させ固定します。

上顎前突症の手術
下顎枝矢状分割術(advance)

下顎の骨が小さく、上顎前突になっている場合、下顎の後ろの部分で骨を一旦切り離し、下顎を前方へ移動させ固定します。

顎偏位症の手術
ルフォーⅠ型+下顎枝矢状分割術+下顎枝垂直骨切り術

下顎の骨が左あるいは右にずれ、顔が曲がったようになっている場合、上顎も左右の骨の高さが異なることが多いです。上顎の骨を一旦切り離し、左右の高さを合わせて固定し、下顎の真ん中が上顎の真ん中に合うように下顎の骨を移動させ固定します。

オトガイ形成術
オトガイ形成術

下顎の下方部(オトガイ部)が小さく引っ込んでいるために、口元が出ているように見えることがあります。下顎の骨全体の手術を行わなくても、オトガイ部の骨を前方へ移動させ固定することで口元を改善することができます。オトガイ部が前方へ出ているため、顎がしゃくれているように見える場合は、オトガイの骨を後方へ動かしたり、短くすることもできます。


当院や外科矯正についてもっと詳しくお知りになりたい方は、パソコンより当院のPCサイト e-hanarabi.net をご覧ください。

TOPページへ
当院のご紹介
院長プロフィール
矯正歯科治療について
治療の流れ
外科的矯正治療
お子様の矯正治療
医療法人
大西矯正歯科クリニック
〒530-0012
大阪市北区芝田1-4-8 北阪急ビル2F
TEL:06-6372-8254

©2010-2016 Ohnishi Orthodontic Office

歯科